ヤクシマ三丁目

オリジナル小説を公開しています。声劇台本の告知、小説化なんかも。同人誌にしてコミティアとか、二次創作でコミケに出たり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無言の境界線 -実用書『物語工学論』でカットされた賀東×新城特別対談の(以下略)を読んで-


 今日は気になった記事があったので、それに脊髄反射してみる。
 元ネタの元ネタは本なのだが、今日買ったばかりなので、中身を精読した後に、内容も含めてなんか書く予定。
 その本は、↓こちらのこと↓
物語工学論物語工学論
(2009/08/08)
新城 カズマ

商品詳細を見る

 なので、あくまで元ネタの気になった「部分」をピックアップして題材にしているだけで、記事内容で云々ではないので、ご容赦を。

 ※今回の結論は「兄弟とは両親のDNA比が違うんだよ」
 ※まだ長文をまとめるの苦手です、すいません。
 ※ぶっちゃけ、元ネタの中で十分に咀嚼された物を、俺の言葉でアウトプットしてるだけです。

 今回の元ネタは↓こちらから↓
実用書『物語工学論』でカットされた賀東×新城特別対談の中盤盛り上がり、どーんと一挙無料公開!

 では、以下から↓本編↓

 記事の中に、こんな部分があった。
 

新「それってブログに非常に近いと思う。もしくはツイッターか」
賀「あれでいいんですよ。今日は何がありましたとか、文化祭でしたとか」
新「ブログまでいかなくても、その手前に脚本とか、会話だけの小説という手法は十分あり得ると思う。地の文はなぜ必要か、みたいなことを考えていくと、じゃあなぜストーリーは必要なのかということになっちゃう」



■地の文の必要性


  続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。