ヤクシマ三丁目

オリジナル小説を公開しています。声劇台本の告知、小説化なんかも。同人誌にしてコミティアとか、二次創作でコミケに出たり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- 瞬の出発点 - 火の緋色 03

 思わず「はぁ、そんなもん、かねぇ」なんて気の抜けた返事をしてしまった。
「いいかい? 人は死ぬ瞬間までに理由付けするんだ」
「死ぬ瞬間までに?」
「そう、死ぬ瞬間までに。理由付けっていうのはね、普通の人間ならおこなっていることさ。ほら、人は死ぬまでに老いていくだろう? それまでにね、自分が死んでしまうことを、どうにか理由付けるんだ」
「ん? 今の話、連結してなかったような。老いていくのと、死んでしまう自分の理由付けって、どうリンクするんだ?」
「どうして人は老いると視界が狭まり、耳が遠くなり、感覚が鈍くなるのか。人の未練になりやすいのさ、五感は。美しい世界にとどまれなくなる自分、そんな現実を認識したくないから、精神ではなく体がまず準備をするのさ。美しい風景を、焦点をぼかしてしまうことにより、心地よい子守歌を、膜が張ったように、人とのふれ合いを、暖かさを共有できなくさせて。そうして徐々に五感が、世界の美しさが失われていき、残るのは美しい、しかし二度とやってこない若い頃の記憶――それを見続けると、人はいつしか今の自分に喜怒哀楽の感情を抱き摩耗させ、人生から全てをそぎ落とし生への執着を露出させる」
「その、最後の砦みたいな生への執着は、露出することでどうなんだ?」
「美しかった世界、美しかった記憶。そういった物と比較していまい、その醜さに気づく」
「そして時を置かずして、その醜い物を、捨ててしまう、のかい?」
「リンクしたかい?」
「……リンクしたけれど、まぁ、なんというか、随分リンクさせる情報が隠されてたなとは、思う」
 そんな言葉に、河図島は小さく同意の言葉を吐いてから、苦笑した。





「とにかくさ、長い時間が必要なんだよ、人が死んでしまおうと考えるにはね」
 話し終えて喉の渇きを思い出したのか、河図島はアイスをひとすくい口へと運ぶ。
「でもさ、人が死んでしまうプロセスの中には、大往生以外が沢山あるぜ」
 一年で何人が自殺するのだろうか。一年で何人が交通事故にて死ぬのだろうか。
 他にも、人の手による犯罪から天災まで……多岐にわたり、その死は平等に、それ以降の人生を紡ぎ取っている。
「ごめん、僕が話を反らしてしまったね。今回のケースに当てはめて考えなきゃいけないんだ、今の話を」
「死ぬまでに長い時間が必要ってやつか? 今まさに決めた自殺を、直ぐに実行できるかってことか?」
「そっ。それは、人間が死ぬ際のプロセスから逸脱している。長い時間が必要なんだ」
 河図島は繰り返す。その長い時間が、とても重要だと言い聞かせるように。
「でも、そいつが本当に、ビデオに映っていた瞬間に自殺を考えたか、判ったもんじゃないぜ? もっと前から考えていた。それに相応しいだけの状況が揃っていた。そして、それは俺たちには判らない」
「でも、彼は新聞を読んでいたらしい。新聞は現在の情報を集約した読み物だ。もう先が無くなってしまった人からしたら不要、読む必要がない」
「読んでいたのはフェイク、とか? 普段通りの態度で居ることにしておけば、周りからは不審人物とは思われない」
「新聞を目の前に広げてたら、周りが見えなくなっちゃうよ。自殺を決めていたのだとしたら、彼が一番気になるのは、朝霧の向こう側からやってくる、電車の姿だ」
「むー」
 河図島と俺の情報が交錯する。どちらもありそうで、どちらも相手の意見を却下できない。
 止まってしまう話。
 ふっと、
「あれ、お前が部屋まで上がってくるの、久しぶりだな」
「えっ?」
「へっ?」
 止まる話。
 いやまて、なんだ今のセリフは今俺はなんて言った!!
「唐突……というか、そういうセリフ、初めてだね」
「あ、あー、似合わないセリフなんぞはいちまった、かなぁ、ハハハハハッ!」
 なんださっきのセリフ、もしかして思ってたことが口から出てった? いやまて、なんでそのセリフがよりにもよってあれなんだよ。感慨深げに分析して発言するような事じゃなかったし!
「別にそうは思わないけれど――えと、そうそう、それでね」
 それでねときたか。あっいやいや、蒸し返されても困るから、これで良いんじゃないかな。……寂しい気はするが。
「それで? ここで話しても埒があかない話なんだから、少しは話題を変えようじゃないか。夏休みなんだし、折角」
「うん、だから、夏休みに関係ある話。来たとき、藤花が朝の当番変わって欲しいって、伝言したじゃない?」
「清掃当番な。夏休み前に突然変わってくれと言って、今日も突然変わってくれと言われて、二度だぜ、二度。なんなんだよ、あのブン屋はさ。結局、あいつはいつやるんだよ」
「それはいつかやるだろうけれど……その清掃当番なんだけどさ、僕も明日やることになっててね」
「ハッ?」
「んで、場所がここから五百メートルも歩いた駅……ねっ? これって、現場を見に行けって事だと思うよ」
「――うわぁ、なんだこりゃ。えっ、あいつの策略とかじゃなく?」
「藤花にはその気は無いと思うよ。現場第一主義だからね、自分が行かないでなんとする、っていう子だから」
「知ってる」
 楽しくていいじゃないかなんて、話を切ってアイスを食べる事に集中しだした河図島が話す。
 面倒なことになった。
 現場を見に行く? しかも、地域一帯のブン屋、筒木島藤花が、わざわざ事件の現場に行かないだって?
「また、こっち側の話ってことかよ……さっきまで科学的な生死学を語っていたのはなんだったんだ」
「雰囲気、じゃないかな。非科学的な何かって事だと思うよ」
 だからそれは。河図島は前置きしてから、
「彼女ではなく、君じゃないとどうにもならない、ってことなんだよ」
 頭を垂れる理由になりえる事実を突きつけた。

 02
 04


 火の緋色、第三話でした。
 探偵役はどれだけ関わりが薄くても、現場に赴く法則発動。(都合の良い展開とも言う)
 次あたりで、物語が加速します。

 あと、残り五回ぐらいの連載になるかと思います。
 あんま長い作品じゃないので、気軽に読んだってください。

 

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piece2222.blog38.fc2.com/tb.php/10-c4eec3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/04/08(日) 19:16:47 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/05/09(水) 14:17:23 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。